「もうだめ」って英語で言うと?

スポンサード リンク

大失敗、手に負えない、限界となって、「もうだめ」って言いたくなる時があります。表現方法がわかりませんので、早速、「もうだめ」について調べました。

be-done-for


■ be done for – – お手上げ、もうダメ、もう終わり

私はもうダメです。
I am done for.

我々はもうダメだ。
We are done for it.

[Example]

Andrew:
もうダメだ。
I am done for.

Lily:
何があったの?
What happened?

Andrew:
彼女に振られた。
I broke up with her.


■ all over – – 終わって、終わりにして

私はもうだめだ。
It’s all over for me.

私たちはもう終わりだ。
It’s all over for us.

彼女はもうだめだ。
It is all over with her.

彼らはもうだめだ。
It is all over with them.

[Example]

Joseph:
我々は山で遭難したらしい。
It seems we lost our way in the mountain.

Dylan:
私たちはもう終わりかなぁ。
I wonder it’s all over for us.

Joseph:
大丈夫、我々はきっと助かるさ。
No problem! I’m sure we’ll be saved.


「It’s over.」でも似たような意味がある様ですが、「終わり」「お仕舞い」「もういい」「交渉の余地はもうない」などのニュアンスとなります。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする