「久しぶりに」「しばらくぶりに」って英語で言うと?Part4

スポンサード リンク

「久しぶり」「しばらくぶりに」って英語で言うと?Part3 の続きです。

after-a-long-time


■ after a long time – – 久しぶりに、しばらくぶりに

久しぶりに昔のクラスメートに会った。
I saw an old classmate of mine after a long time.

私は久し振りに祖母に会います。
I will see my grand mother again after a long time of not doing so.

私は久しぶりに東京ディズニーランドに行った。
I went to Tokyo Disneyland again after a long time of not doing so.

夫は久しぶりの夏休みとして2週間ほど有給休暇をとった。
After a long time of not doing so my husband took a paid vacation for 2 weeks as summer vacation.
*「paid vacation」は、「有給休暇」という意味です。

私は久し振りにハリウッド俳優に会えて嬉しいです。
I am happy that I can meet a Hollywood actor again after a long time of not doing so.


■ after a long absence – – 久しぶりに、しばらくぶりに

*「absence」は、「不在、留守、欠席、欠勤、欠乏」という意味です。

久しぶりで友人たちに会った。
I saw my friends after a long absence.

彼女は久しぶりに大学に来た。
She came to the university after a long absence.

しばらくぶりにメラニーは学校に戻った。
Melanie returned to school after a long absence.

私は久しぶりに長い距離を走ったので、息切れした。
I ran for a long distance again after a long absence from running so I was out of breath.


■ after a long interval – – 久しぶりに、しばらくぶりに

*「interval」は、「(時間の)間隔」という意味です。

しばらくぶりにルイスと会った。
I met Luis after a long interval.

私は久しぶりに妻とその田舎町を訪れた。
I visited the country town with my wife after a long interval.

久しぶりでゼブ島へ行った。
I went to Cebu island after a long interval.

久しぶりに彼女と乗馬を楽しんだ。
After a long interval, I enjoyed riding with my girlfriend.


久しぶりにジョンに会った。
I saw John (again) after a long time (of not doing so).

この場合、「again」 と「of not doing so」は、省略できます。
省略しない場合の直訳は、
「私はジョンに会っていなかった長い間の後、再び会った。」
となります。ニュアンス的にはほぼ同様ですが、省略しない方がより確実に伝わるのかもしれません。

「after a long absence」は「しばらく休んだ期間の後」、「interval」は「時間の間隔」というニュアンスがベースにありますので、それに合う状況でしか使うことができません。


「久しぶりに」「しばらくぶりに」は、今回のパターンを覚えておけば表現に困ることはないと思います。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする