「Good bye」は日常では使わない?

スポンサード リンク

英語の調べ物をしている時に、ネイティブは日常ので別れの時に「Good bye」を使わないと買いてありました。早速、本当なのかどうか調べました。

good-bye


good bye / good‐by – – さようなら、ごきげんよう

「Good bye」は、別れてもう会うことがない場合、しばらく会わない場合、また会うかどうかわからない場合に使うフレーズとのことです。かなり多くの方がその様に解説されていますので、日常での別れの挨拶には使わない方が良いかもしれません。

さようなら、今までありがとうございました。
Good bye and thank you for everything you’ve done for me.


では、日常の別れの挨拶ではどの様なフレーズを使うのでしょうか?

バ~イ
Bye!

バイバイ
Bye bye!

またね。
See you!

またあとでね。
See you later!
*「later」には期限がありません。数分後の場合、数日後の場合、未定の場合でも使える表現です。

またすぐにね。
See you soon!

また会いましょう。
See you again!

ではその時に。
See you then!

明日にまた。
See you tomorrow!

次回また。
See you next time!

じゃまた。さようなら。
So Long!

気をつけてね。
Take care!

お休み。
Good night!


上記は、よく使われる例ですので、あなたオリジナルのフレーズなども良いでしょう。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする