「must have been」ってどういう意味?

スポンサード リンク

英語の調べ物をしている時に、「She must have been beautiful.」という文章がありました。意味は、「彼女は美人だったに違いない。」ではと予想できました。なぜ、「have been」なのかなど、少し調べることにしました。

must-have- been


■ must have been – – だったに違いない、だっただろう

その老女は若い時は美人だっただろう。
The old woman must have been a beauty in her young days.

彼女は学生の頃、可愛いかったに違いない。
She must have been pretty when she was a student.

彼はその頃、金持ちだったに違いない。
He must have been rich at that time.

それはいい結果だったに違いない。
It must have been a good result.

あなたはご主人を亡くされてさぞ大変だったことでしょう。
It must have been difficult for you losing your husband.

ミアはあなたの病気をとても心配したことでしょう。
Mia must have been very worried about your illness.


「must have been」は、助動詞+完了形で、過去のことを推測しています。

「He was a politician.」は、「彼は政治家だった。」と過去を断定しています。
「He must be a politician.」は、「彼は政治家に違いない。」と現在を推測しています。
「He must have been a politician.」は、「彼は政治家だったに違いない。」と過去を推測しています。

日本語では「だったに違いない」という訳だけでなく、「だったのだろう」「だったことでしょう」などの方が自然に聞こえると思います。

例文の最後の2つは、ネイティブ感覚を身につけませんと、実際には使えないと感じました。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする