「You never know」ってどういう意味?

スポンサード リンク

英語で「never」の使い方を調べている時に、「You never know.」という表現がありました。どういう意味か迷いましたので、早速、調べることにしました。

you-neve- know.


You never know.

誰にも分からない。
先のことはわからない。
まだどうなるか分からない。
何があるか分からない。
さあどうだかね。
ひょっとしたらね。
やってみないと分からない。
さあね。

「You never know.」は、まだ先のことで、どうなるか不確定な場合に使われます。未来だけではなく、過去にも使われます。主として、良いことに使われる様です。主語は「you」ですが、必ずしも「あなた」ではなく、「あなたたち」あるいは「誰でも」というニュアンスと理解すると分かりやすいです。
「あなたは決してわからない。」という意味ではありません。

「You will never know.」というと、「あなたには決してわからないだろう。」のニュアンスとなります。


やってみなければ、あなたに何ができるのかは分からない。
You never know what you can do till you try.

今夜、何が起こるかなんて誰にもわからない。
You never know what will happen tonight.

そこへ行ってみないと、分からないよ。
You never know if you never go there.

A: 明日、地震が来るかななぁ。
I wonder an earthquake will occur tomorrow.
B: 誰にもわからないよ。
You never know.

A: メイソンは勝つでしょうね。
Mason will win, won’t he?
B: さあどうだかね。
You never know.


See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする