「~しませんか?」の勧誘の英語表現

スポンサード リンク

「~しませんか?」という勧誘の英語表現は「Shall we~」が最初に思い浮かびます。他に どの様な誘うための表現があるのか、早速調べてみました。


「Would you like~」は、丁寧な勧誘の表現です。あなたは、それを好みますかと言う相手の意思を確認する「~していただけませんか?」「~はいかがでしょうか?」などのニュアンスとなります。

ご一緒に昼食でもいかがでしょうか?
Would you like to have lunch with me?

昼食を一緒にどうでしょうか?
Shall we have lunch? 

以下は、カジュアルな表現となります。

昼食どう?
How about lunch?

昼食食べよう。
Let’s have lunch.


その他、良く使われる勧誘の表現です。

映画を見に行くのはいかがですか?.
What do you say we go to the movie?
*「What do you say~」は、 「~についてどう思いますか?」と意見を求める表現です。

座ったらいいじゃない?
Why don’t you sit down?
*「Why don’t you~」は、「~してはどうですか?」「~しませんか?」と言う意味です。

ミーティングに参加しませんか?
Could you join the meeting?
*「Could you~」は、可能かどうかわからないので可能性を聞いています。

私とデートをしませんか?
Won’t you go on a date with me?
*「Won’t you~」は、否定の意思がありますので、「嫌ならば良いのですが~してもらえませんか?」とへりくだった表現です。

私とお茶でもどうですか?
Do you want to have some tea with me?
*「Do you want to~」は、望むかどうか聞いています。


いろいろな勧誘表現がありますが、勧誘する相手と勧誘内容に応じて、使い分けましょう。

フィリピンでは、友人から「Do you want to drink with me?」と言うお誘いを受けます。「私と一緒に飲みたい?」と言うニュアンスであまり良い勧誘とはとらえていましたが、この場合には「一緒に飲むことを望みますか?」と言うニュアンスと捉えれば良いのでしょうね。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする