「no matter + 疑問詞」の使い方Part1

スポンサード リンク

英語の学習中に「no matter what」など「no matterと疑問詞の組み合わせ」の表現を目にしました。学生時代に授業で習ったかどうか記憶がはっきりしませんが、使い方も良くわかりませんので、早速、調べました。


■ no matter what – – たとえ何でも、何が~しようとも

■ no matter who – – たとえ誰でも、誰が~しようとも

■ no matter where – – たとえどこでも、どこで~しようとも

■ no matter when – – たとえいつでも、いつ~しようとも

■ no matter which – – たとえどれでも、どちらを~しようとも

■ no matter how – – たとえどんなに、どうやって~しようとも

私は弁護士に必ずなる。
I will become a lawyer, no matter what.

私はどうしてもそのバッグを買いたい。
I want to buy the bag no matter what.

たとえ誰がそう言っても、私はその学説を信じない。
No matter who says so, I don’t believe the theory.

あの政治家は誰とでも隔てなくつき合う。
That politician associates with anybody no matter who.

たとえあなたががどこにいても、私はあなたをいつもサポートする。
No matter where you are, I will always support you.

私はどこにいても妻だけを愛している。
I love only my wife no matter where I am.

どんな時も幸せを感じていたい。
I want to feel happy no matter when.

この山の風景はいつ見ても美しい。
This mountain scenery is beautiful no matter when you look at it.

妻が作る料理はどれもとても美味しかった。
No matter which one, the food that my wife made was really tasty.

どの道を行っても、ローマにたどり着くだろう。
No matter which road you follow, you will reach Rome.

たとえ私がどんなに忘れようと思っても、亡き夫を忘れられない。
No matter how hard I try, I can’t forget my dead husband.

どんなに英語が難しくても、私は夢のために英語を勉強し続けます。
No matter how difficult English is, I will keep studying for my dream.


「no matter + 疑問詞」の使い方Part2に続きます。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする